株について勉強する大学生

日本経済新聞で株や分配金の確認

最近は、NISA制度の普及などによって、株式や投資信託などを購入されている個人投資家の方も増えてきたのではないでしょうか。そこで、問題になるのが、どこでこのような投資に関する情報を確認するのかということです。まあ、インターネットが発達した現在、色々な情報源があるかとは思いますが、基本的には日本経済新聞が信頼できる情報源であると言うことができるのではないでしょうか。この新聞を見ていれば、株価の状況や投資信託の分配金などの近況を把握することができます。それに、他の色々なメディアの情報も、そのもとを正せば新聞であるということがほとんどであると言っても良いでしょう。例えば、経済番組で報道される内容も、その内容はテレビ局で独自に取材されたものではなくて、日本経済新聞の記事を流用しているに過ぎないのです。ですから、紙媒体としての新聞はなくなってしまうのではないかという議論もありますが、情報の元ネタを作りだすという新聞社の機能は、これからも無くなることはないと言っても良いのではないでしょうか。ただ、新聞に載っている細かな情報を、一般の個人投資家が読み解くというのは、かなり難しいと言うことができるでしょう。ですから、証券会社の開催するセミナーを利用するとか、テレビの経済報道番組を利用するなどして、その情報の意味するところを理解できるように努力していくことか必要になってくると言えるかもしれません。もちろん、景気の良い時には、何もしなくても株式や投資信託への投資で利益を上げることができますが、景気が悪くなってきた時には、このような努力を個人投資家がするかどうかによって、その運用成績に差が出てくると言えるのです。